中途採用面接「なぜうちの会社を志望したのか?」の本音

スポンサーリンク




ちょっぱ〜
ちょっぱ〜
志望動機と呼ばれるやつだね。
志望動機の中でも、「なぜ当社なのか?」という質問なので企業研究が必須なんです。
管理人
管理人




志望動機を聞く本音

採用面接官は「入社できればどこでもいいのではないか?」「志望したポジションをちゃんと理解できているか?」などを確認するために聞いています。

あなたが志望するポジションはどの企業もあるポジションです。

仕事内容も似たり寄ったりだと思います。

その似たような求人がある中で、なぜうちの会社なのか。

そこを明確に説明できないと、とりあえず受けてみた人と認識されてしまうことが多いんですね。

企業研究から志望動機を捻り出す

企業研究は転職サイトの求人票やHP等を参考にしましょう。

中でも、ホームページは必ず確認するようにしてください。

採用面接官から「ホームページを見て何か気になる点はありましたか?」

と質問される事も多々あります。

前職経験から活かせる場合

単に前職経験を語っても意味がありません。

前職経験から御社でどのように活かせるかを具体的に説明する必要があります。

事業内容等に注目した場合

事業内容に共感したという志望動機は採用面接官は耳にタコができるほど聞いています。

事業内容のどこに共感し、なぜ共感したのかを説明できるように回答できるようにしましょう。

高い給料や福利厚生の良さに惹かれた場合

これに関しては、自分のスキルに自信がある場合のみ織り交ぜて回答しても良いです。

私の場合、未経験採用いわゆるポテンシャル採用として就職活動していたため、こういったことはあまり言わないようにしました。

まとめ

・他社でもいいと思わせない確固たる説明をする。

・他の志望者が考えるような回答を避け差別化を図る。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です